カテゴリー「バレエつれづれ日記」の82件の記事

92回のレッスン

Imgp0780 

ブログの更新もままならないまま、年末になってしまいました。
今年1年間、バレエに通った回数は92回
8月9月のお休みがなければ100回は超えてたのに残念です(T.T)

それでも、92回もレッスンに通えたってすごいなぁと思います。たかが92回、されど92回です。この92回のレッスンで出来るようになったこともたくさんあって、去年よりは少しだけ進歩しました。反面、まだ克服できないこともたくさんあって、これは来年の課題ということでまた持ち越しです。

ピルエットがずいぶん安定してきたおかげで(といってもまだ1回)、両脚ターンはかなり連続して回れるようになりました。あんなに目が廻っていたのに、今は終わってふらふら~にはならなくなりました。すごい進歩!!
最近、シェネをスタジオの端から端までやりました。これは当然目が廻ります(笑)肩先に両手を置いてテンポよく重心を右足左足右足左足と移動させていく練習からやったのですが、実にテンポが悪すぎっ!だから、目が廻るんですよね。それに、早いとちゃんと見てるつもりの目標点が本当はちゃんと見てないというか・・・。うまく説明できないんですが、そういうことありませんか?そこを見てるつもりなのに、ちゃんと意識が入ってないと見てない状態になってるんです。うーん、いったい私はどこを何を見てるんでしょう?(笑)なので、最近は心の中でスタジオの壁に貼ってある番号を言いながら進んでます。これはかなりいい効果があるようです。

ところで、ポワントのお話ですが、土曜日のK先生(大先生の娘さん)が『来年から少しずつポワントを履いていきましょう』と言ってくれたのです。
ところが、この11月12月、私のいってるクラスの生徒さんたちはみんな忙しかったのか4人とか5人の出席。しかも、まだ1年も経っていない人たちばかりでした。さすがにこの状態ではポワント履く人とまだの人とを同じレッスンの中でグループ分けすることは出来ないと思います。先生は合同のレッスンは全員でやり、後半、グループ分けをしたレッスンでポワントを履かせてくれようとしていたみたいなんですが。

なので、まだ私のポワントは先になりそうです。

もともと「いつか履けるのでしょうか?」から始まったことなので、「履かせてもらえる」ということがわかっただけでいいのですが、話がどんどん進み、「今すぐ履きたい!」になってしまったので、それはそれで結構楽しみにはしていたのですが、まだ早いということで我慢ですね。

今年のレッスンは22日に終了。来年は12日からです。とっても休みが長いので体が硬くならないようにストレッチは頑張ってやります。毎日。。。いや、2日に一度。。。たぶん3日に一度かな *^-^*



今年も1年ありがとうございました。
皆様、よい年末、年始をお過ごしください。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ポワントへのそれぞれのスタンス

Toe

またまたお久しぶりの更新になってしまいましたね~。

発表会仲間のふたりが中級に行ってしまってちょっと寂しいながらも、他のメイトさんたちと楽しくレッスンしてます。

そこで!
ポワントの話がちらりとみんなで着替えてる時に出たのだけど、ある人は「私は絶対ポワントなんて無理だからいいわ」といい、ある人は「別にポワントを履こうまで考えてやってるわけじゃないから」といい、ある人は「いいなぁとは思うけど、自分には無理」といいました。

全員に聞いたわけじゃないからわからないし、みんなの心の奥底まではわからないのが本音です。だって、私だって
「ポワント履きたい~」なんて公言してたら周りから、何いってるの?ヾ(-ε-o)ォィォィ... ってつっこみいれられそうですもん。
現在の自分の姿を知ってるだけになかなかね。。。

でも、これって日本人的な考えですよね。自分がやりたいならそれを口にしていいと思うし、それが目標にもなるはず。どうしても、私たち日本人は(中には違う人ももちろんいると思いますが)前に出ることや、自分が分不相応のことを言うのが苦手なんだよね。

ただ、私はあと何年かかるのかはわからないけど、このままやっていたら
必ずポワントが履けるようになるという目標がやっぱり欲しいです。
火曜のかなーり大人の人たちのクラスでは5年以上やってる人もいるけど、いまだにポワントは履けていません。履くお許しが出ていないのか、はたまた本人たちが履きたくないと言ってるのかは定かではないんですが。

それを見ていて、もしかして私もあと5年やっていてもポワントは履けないの?という疑問が頭に浮かんでしまって(教室によっては大人からの人には絶対に履かせないところもあるそうなので)、悶々としてました(笑)

大先生とお話する時間がちょうど昨日あったので思い切って聞いてみました。大先生は私の話や気持ちを聞いた上でこういってくれました。「そう、ポワントを履いてみたいのね?その気持ちってとっても大事だと思うわ。やってるからにはポワントを履いて踊れるようになりたいって思うものね。土曜のK先生(大先生の娘さん)に聞いてmariaさんがそういう気持ちだということを伝えておくわね。ただ、やっぱりポワントは危険も伴うから、体の引き上げや足が強くないとということがあるので、K先生にそこのところはちゃんと判断してもらいましょう。」

私、こんな風に言っていただいてとっても嬉しかったのですが、顔から火が出るぐらい恥ずかしかったです。別にすぐに履きたいという意味ではなくて、あくまでもこのままやっていれば履ける時期が来るのかという点を確認したかっただけなのです(mm*)
でも、まぁ、ここまで言われてしまった以上、私ももうどうにでもなれって思って、「もちろん先生にちゃんと判断していただいて、大丈夫という時期がきたらよろしくお願いします。ポワントってすごい大変だと思うし、やってみたらすごく痛いし、耐えられないとかなるかもしれないけど、とにかく履いてみないことには人生終われないので(笑)」と言ってました。

大先生は「履けるかどうかはまだ私が言えないのだけれど、そういう気持ちをmariaさんが持ってることを聞いて私はとっても嬉しかったわよ」と最後に言ってくれました。

目標を高く持つことは決して悪いことではないと思います。そして、自分の希望や気持ちを伝えるのも悪いことではないと思います。
ただ、それが日本の古い土壌では生意気だったり、奥ゆかしさがなかったり、自己アピールしすぎとあまりいい印象はないのが事実。


また、人によっては様々なスタンスがあるでしょう。
それはそれでいいんだと思います。ただ、私はというとほんと高すぎる目標だけど(^-^;

どうなるかはわからないけど、またこのことについてはここで報告したいと思います。
よければ皆さんのポワントへのスタンスを教えてくださいね。



| | コメント (17) | トラックバック (0)

時計は元には戻せない

Cubanationalballet2002lynseyaddario

バレエに復帰できただけで十分しあわせな私。
なのに・・・先週、今週とレッスンから帰ってくるとちょっと元気がなかったりします。
一緒に発表会に出た20そこそこの彼女Aちゃんが先週から上のクラスにあがったのです。そのことはAちゃんからの丁寧なメールで知っていてもちろん「よかったね♪がんばってね」と返事をしました。Aちゃんは小学生の頃、モダンバレエをやったことがあって、初級クラスの中でもずば抜けて上手で、いつも何をやるにも先生にいわれて先頭でやってました。
飲み込みが早いし、やはり天性の踊りに対する勘も違うのは明らかで、当然クラスがあがるのは時間の問題だったのです。でも、本音をいえばちょっと寂しかったのも事実。それに、自分はどんなに努力してもものすごく上達するとか、出来るようになるとかはないわけでやっぱり羨ましく思えました。

で、今週は発表会に一緒に出たもうひとりの20代半ばになろうかという彼女Rちゃんと『私たちも頑張ろうね』なんてレッスン前に話してたのです。

ところが、レッスンが終わって一緒に帰る道の途中でRちゃんから聞かされたのが、来週から彼女も上のクラスにあがるということ。Rちゃんはやはり若いから覚えがよくて、ちょっと難しいバーレッスンも完璧にこなせるし(私は難しかったり早かったりすると間違えちゃうのです)、センターもひとつひとつの精度はAちゃんほどではないにしてもぐんぐん上達してるのが目にみえてわかってました。

聞かされた時はAちゃんに言ったように、本当におめでとうと思ったし、AちゃんとRちゃんはいつも一緒にきて一緒に帰る仲良しなので本当によかったなと思いました。
Rちゃんは上のクラスにあがることは少し悩んでるようでしたが、「大丈夫!すぐに慣れるよ」と背中を押しました。

もちろん彼女たちが上にあがることは大賛成だし、よかったなと思います。
でも、自分ひとりになった時にふと置いてきぼりをくったような寂しい気持ちに包まれたのは何故?ほぼ同じ時期に入って、同じ舞台にたってきたふたりがいっぺんに上にいってしまうということは自分自身がどんなに頑張っても、これから近い将来担うべき限界を思い知らされた第一歩ということなのです。
年齢が倍も違う私たちが同じ道を歩むことは出来ないし、まして同じ速さで進んでいくことも出来ないのもわかってたけれど、いざ、その時を目の前につきつけられると寂しいです。私だってもっともっと早くバレエを始めていたらって思うけれど、それを言っても仕方がないこと。

時計はもう元には戻せないのですから

今の自分を受け入れてるつもりだったけれど、そうじゃなかったみたい。これから先、それはますます感じることでしょう。その度にそれを乗り越える強さを持たないと孤独や疎外感を感じてしまいそうです。
おばさんから始めたバレエなのだからそこそこバレエが楽しめて、バレエが出来ればいいっていう気持ちなんじゃなかったの?と言う人もいるかもしれないけど、まさかこんな風にショックを受けるとは自分でもここまでは予測してなかったし、改めて今の自分をちゃんとわかってなかったことが本当に恥ずかしい。。。

皆さんはどんな風にそういったことを考え、乗り越えてるのでしょう?

| | コメント (13) | トラックバック (0)

ソテソテソテソテでバテバテ

バレエに復帰してから早くも3週間が過ぎようとしています。
しかし、土曜日のレッスンでは、ソテソテソテソテを左右のセンターをやったらものすごく疲れちゃいました。悲鳴に近かったかも(笑) なんでこんな簡単なことが苦しいんだろう?って思うんだけど、連続ものはやっぱり体への負担がまだ大きいみたいです。

バーレッスンや、センターでも単独のパは問題ないものの、フロアをいっぱいに使ってのセンターの動きにはやっとついていってる感じかな。。。体は本当に正直。

大好きな買い物もずーっと行っていなかったので治ってから何度か行ってるけど、駄目!
前は隅から隅までチェックしなければ気が済まなかったのにもういいや~って挫折してるしね。_ノフ○ グタリ 体力が落ちると気力も落ちるってほんとです。この逆ももちろんあるんだろうけど。

そういえば、気力充実のためにコールドストーンクリーマリー食べました。今まで並ぶのが面倒で素通りしてたけどリハビリかねて並んできました(笑)歌をうたってくれながら好きなアイスや果物を混ぜ混ぜしてくれるんだけど、予想以上においしかった~。
それにしてもあの歌はどう考えてもディズニーのぱくりみたいな気がするんだけどドウ?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ご心配おかけしましたm(。-_-。)m

56507079

このブログにきてくださった皆さんにはたくさんの励ましと温かい言葉をいただき、本当にありがとうございました。

体の方は順調に回復し、先月の22日からバレエに復帰しました。とはいってもあまり激しい動きを急には出来ないので、様子を見ながら少しずつですが。

驚いたことに柔軟性はあまり変化していなくて、一度柔らかくなった体はある一定のところでそれをキープしてくれるようです。硬かった体を毎日柔軟して柔らかくした努力はとりあえずキープできたのでホッとしました。

ただ、瞬発力や持久力を必要とするものはもろダメージをうけてしまい、体が重いの重くないのって (^-^;  それに長い時間やってると足ががくがくぷるぷるしてきちゃうし、息切れもするので、無理だなと思ったら見学してます。

私の復帰の日、先生が「みんなに無理をしないようにっていうと全く無理しなくなっちゃうから~。多少の無理はしてちょうだいね(笑)。でも、絶対に無理しすぎは駄目よ!」とおっしゃいました。
先生がレッスンの前に私を呼んで「無理せず少しずつやりましょう。遠慮なく、休みをとりながらね」と言ってくださったのですが、これを横で聞いていた周りの生徒さんたちへの言葉が上の言葉です。みんなで笑ってしまいましたけど (´▽`*)アハハ

バレエが出来るって本当に楽しい。しあわせです。
だからこそ、ながーくながーく続けていけるように皆さんも決して無理しすぎませんように。。。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

1年3ヶ月目の本当の休養

8月17日の夜から高熱を出し1週間寝込んでしまいました。なかなかだるさと風邪の症状がとれず検査をしたところ、肝機能の数値が悪く2週間安静・休養が必要となりました。

3週間あまり入院こそ免れましたが、寝たり起きたりの状態。というよりほとんど寝てました (ノ_σ)ウゥ

バレエも当然ずーっとお休みしてました。
今週の検査結果で数値が下がったので「運動禁止!」状態から何とか脱却と思ったのですが、夜と朝方の咳が治らず(喘息状態)、これが治ってからの復帰になりそうです。今もぜぃぜぃいってるので、運動どころではないですね。普通の生活でぜぃぜぃいわなくならないとちょっとバレエは無理です。

お教室に電話をかけてしばらくお休みすることを伝えた時、電話の向こうから聞こえてきたいつもの音楽に涙がでちゃいました。1年と3ヶ月バレエをやってきてこんなに長期のお休みはもちろん初めてです。
バレエが大好きになっていたのはわかっていたけど、こんなにもバレエが出来ないことが辛い、悲しいなんて(/ヘ ̄、)グスン

おおおげさだけど、病気になると気持ちは弱くなってしまうもの。このままバレエが出来なくなっちゃうのかななんてかなり落ち込んだりもしましたが、少しずつ良くはなっていってるのであとちょっと頑張ろうって思います。


あと、ルグリ様の「白鳥」がせっかくとれたというのに、行くことが出来なかったのです。チケットはお教室のメイトさんに譲っていってもらいました。とっても楽しみにしていたのに残念ですo(_ _)oショボーン なんてタイミングが悪いんでしょう。

何をするにも健康が一番大事だと実感しました。本当に、皆さんも体調管理には十分気をつけてくださいね。私、倒れる前の日までバレエ行ってたのです。おかしいなぁと気付くべきでした。過信は禁物です。これからは年齢や身体とちゃんともっともっと向かい合っていかなくちゃって思いました。(健康になった、体力がついたと無理をしてたみたいです)\(_ _。)ハンセイ・・・

ブログの方、しばらく、ご無沙汰してしまってごめんなさい。もうちょっとお休みすると思いますが、また元気になってバレエが出来るようになったら報告しますね。

| | コメント (48) | トラックバック (0)

腹筋を鍛える方法

Warmup

夏休み前の最後のレッスンに行ってきました。今日から11日まではお休みです。体がなまらないようにストレッチはかかさずしようと思ってます。

今日のレッスンはうちのお教室の先生方がロスの国際大会に出かけてるので、先生の所属するカンパニーから台湾人の先生が来て指導してくださいました。

教室に入った途端、いつもとスタジオの雰囲気が違う。(〟-_・)ン? 

黒のホルターネックレオタードに黒のスパッツを着て、黒のT-シャツを腰に巻いているS先生はとっても背が高くて、20代も前半の若くて(私たちが想像していたのは30代ぐらいだった。。。)、美しくて、身体も全くといって無駄なところが全くないまさにバレリーナそのもの。
みんな、「きゃー、すっごい美人だね」「すごい若くない?」「かっこいい~」と更衣室から騒いでしまいました。

レッスンの前にS先生が挨拶を簡単にして、ストレッチ→バーレッスン→バーによるストレッチ→センターとレッスンしていただきました。
いつもと違うレッスンの順序とかやり方、内容にとまどいつつも、みんなS先生に釘付けになってレッスンしました。

センターはかなり難しかったです。(; ̄ー ̄A アセアセ 
この昼間のクラスは大人バレエ初めて組クラスなので、センターでのパッセや、アティチュード、アラベスク、エシャッペ、グリッサード、グランジュテなどを単品でやることはあっても続けてやるなんてことはないんですから。
む・むずかしすぎるぅ~。みんな、思わず顔を見合わせて照れ笑いばかり。やっと動けるようになったと思っても顔は必死の形相(´▽`*)アハハ

そんな私たちにS先生は『みなさん、「自分は1番美しい。自分は美しいバレリーナなのだ」と思ってください』と何度も言いました。
私たち大人からはじめた組は、とかく自分で限界を作ってしまいがち。そして、まがりなにもバレエをやってるくせに自分の姿をみっともない~なんて自信なさげにやってます。そこをS先生は気付いて注意してくれたんだと思います。

S先生に言われるごとに、だんだんみんなの表情が少しずつ変わっていくのがわかりました。レッスンが終わる頃には自分への自信をもったことで下手でも美しいバレエ・美しい表情をしてました。すごいですね。先生の魔法の一言!

レッスンが終わったあとはみんなS先生の周りに集まって、その美しさの秘密を聞いたのですが。。。先生はレッスンの時とは違って『いえいえ、私、美しくないです』なんてちょっと独特の日本語で照れてました。とってもチャーミング♪

それで、図々しいのですが、「その無駄がない美しい身体はどうやったら出来るのですか?」と聞いてみました。いや~σ(・・*)ってほんと図々しい。しかし、あの身体を見たらどん欲になっちゃいます。でも、バレリーナの先生にそんなこと聞いても私たちとは練習量から生活から何もかもが違うわけで。。。。聞くこと自体にかなり無理があったんですが、S先生はみんなが一番注目のウエストと二の腕を引き締めるストレッチを教えてくれました。最初、言葉で説明してくれたんですが、『一緒にやってみますか?』といわれて、フロアで教えてもらうことに。それを聞きつけてまだ着替えていない数人がやってきてみんなでしばしストレッチ練習に。

ということで、簡単に出来る腹筋ストレッチの方法を紹介します~。

・上半身は斜め45度ぐらい後ろにします→足をまっすぐ伸ばしてポワント状態で床につかないように左右を交差する  

・上と同じ状態から今度は足先をフラットにしてやはり交差する

・最後に上と同じ状態で今度は足先ポワントで、足を動かすのではなく、両腕を小刻みに床に押すようにする(実際は腕はあげたまま) 
これって水辺で泳げない鳥みたいです(笑)

この3つをS先生は50セットずつやるらしいですが、10でも20でもいいから毎日やればかなり腹筋はつくそうですよ。あとはバーレッスンの時にもやっぱりただプリエするのではなく、腹筋を意識して行うことでかなり違ってくるらしいです。意識って大事なんですね。

今回のレッスンで普段やらないこともやるハプニングもあって驚きもありましたが、新鮮で楽しかったです。メイトさんたちもみんな「最初はどうなることかと思った~けど、ちょっと難しいっていうのもいいね」って言ってました。

私はS先生の『自分は一番美しいバレリーナ』だと思うことをちょっと意識してやってみようかなって思ってます。(*ノェノ)キャハ 夏休み明けが待ち遠しいです。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

当たり前のことなんてない

070722_052501

この間、体調を崩してしまいました。
そういう時は普段の生活だってままならないぐらいなので、バレエに行っていても辛い。

軽い体調の悪さの時はバレエに行くことで元気になったり、回復するときもあるのですが、ちょっとひどいとそうもいかず、定期レッスンの日には休んで、翌週振替で他の曜日に行ってきました。

その時感じたこと!

元気になってまたバレエが出来るってしあわせだなということ。「踊れる」「動ける」ってことがすごく嬉しかったです。

1年半前の私はほとんど歩かない人で、歩いただけでぜいぜいいってたのです。
それにしょっちゅうどこか調子悪いっていってる感じで。。。δ(⌒~⌒ι)とほほ・・・

そう考えるととっても元気になった私がいるわけだけど、調子が悪くなってはじめて(ちょこちょこはいまだにあるけど)バレエが出来ることは当たり前じゃないんだって改めて気付かされました。
心身共に健康で元気でバレエに行ける。そのことの意味をこの年になるとしみじみ感じるわけで、何でもそうですが当たり前だと思ってやってること、当たり前だと思って授かっていること、当たり前だと思って過ごしてることが決して当たり前のことではないということを時々は振り返り、見つめ、感謝したいものです。

さぁ、今日も当たり前ではないバレエに行ってきます~。スタスタ... ε=ε=ε=(┌ ̄)┘

| | コメント (22) | トラックバック (0)

持って生まれたもの

Ballet3

バレエを続けてる限り、きっと誰もが課題や目標を永遠に持ち続けるのではないかな。
私の最近の課題は前後開脚

メイトさんの中に、横の開脚と泳ぐことが出来ない人がいて「いいなぁ~」って言われました。

でも、彼女は前後開脚ができる!! 
前も後足もまっすぐ伸び、ぺたりとなってる。上半身も当然きちんとまっすぐ。
それこそ私にとっては彼女のことが羨ましいのです。彼女に聞いたら「前後開脚は最初からわりと楽にできたんだ。なのに、横にはなかなか開かないのぉ」と言う。

もちろんどちらも出来る人もいるし、どちらも出来ない人もいる。そして、私たちのようにどちらか一方が出来るという人もいて、これは股関節のつなぎがどうなってるかによるみたい。
股関節が柔らかい人と硬い人がいるのは当然わかる。それを柔らかくすべくストレッチしてるのだけど、もともとの関節のつなぎ目が深いとか浅いとかよく動くとか動かないとかは努力ではどうにもならないのかも。。。

そうなると私は前後開脚は出来ないってことになっちゃうのよね。うーん、それはヤダ((o(>ω<)o))ヤダ

生まれながらの身体的能力や要素で出来ないと決めつけるのは悲しい
だから、やっぱり努力して少しでも出来るところに近づけていきたいなと本当に思った本日のレッスン。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

写真と記憶

070704_234002b   

発表会の写真が出来てきました。
記憶とは恐ろしいもので、出来てきた写真をみて、「こんなに手が曲がってたっけ?」「目線が違ってる~」「首の位置、手の位置が先生に指示された通りになってないよー」「もっと爪先伸ばすよう意識してたはずなのに・・・」とこんなはずじゃなかったと勝手にいい風に記憶していた自分の姿との違いに愕然としました。

あぁ、でもこれが現実ですね。070704_234301b

鏡で何度も見て練習したけれど、こうして改めて踊っている写真を見るとどこが悪かったのかすごくよくわかります。自分の弱点や先生に常に注意されてきたところも自分では直してるつもりだったけど全然直ってないし・・・。(´;ェ;`)ウゥ

パープルのロマンチックチュチュの美しさが妙にむなしい(笑)
でも、写真をアップしてほしいとずーっと言われていたので、形はどうあれアップすることにしましたのでご覧ください。

070704_233701_0001

| | コメント (9) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧