« 時計は元には戻せない | トップページ | 92回のレッスン »

ポワントへのそれぞれのスタンス

Toe

またまたお久しぶりの更新になってしまいましたね~。

発表会仲間のふたりが中級に行ってしまってちょっと寂しいながらも、他のメイトさんたちと楽しくレッスンしてます。

そこで!
ポワントの話がちらりとみんなで着替えてる時に出たのだけど、ある人は「私は絶対ポワントなんて無理だからいいわ」といい、ある人は「別にポワントを履こうまで考えてやってるわけじゃないから」といい、ある人は「いいなぁとは思うけど、自分には無理」といいました。

全員に聞いたわけじゃないからわからないし、みんなの心の奥底まではわからないのが本音です。だって、私だって
「ポワント履きたい~」なんて公言してたら周りから、何いってるの?ヾ(-ε-o)ォィォィ... ってつっこみいれられそうですもん。
現在の自分の姿を知ってるだけになかなかね。。。

でも、これって日本人的な考えですよね。自分がやりたいならそれを口にしていいと思うし、それが目標にもなるはず。どうしても、私たち日本人は(中には違う人ももちろんいると思いますが)前に出ることや、自分が分不相応のことを言うのが苦手なんだよね。

ただ、私はあと何年かかるのかはわからないけど、このままやっていたら
必ずポワントが履けるようになるという目標がやっぱり欲しいです。
火曜のかなーり大人の人たちのクラスでは5年以上やってる人もいるけど、いまだにポワントは履けていません。履くお許しが出ていないのか、はたまた本人たちが履きたくないと言ってるのかは定かではないんですが。

それを見ていて、もしかして私もあと5年やっていてもポワントは履けないの?という疑問が頭に浮かんでしまって(教室によっては大人からの人には絶対に履かせないところもあるそうなので)、悶々としてました(笑)

大先生とお話する時間がちょうど昨日あったので思い切って聞いてみました。大先生は私の話や気持ちを聞いた上でこういってくれました。「そう、ポワントを履いてみたいのね?その気持ちってとっても大事だと思うわ。やってるからにはポワントを履いて踊れるようになりたいって思うものね。土曜のK先生(大先生の娘さん)に聞いてmariaさんがそういう気持ちだということを伝えておくわね。ただ、やっぱりポワントは危険も伴うから、体の引き上げや足が強くないとということがあるので、K先生にそこのところはちゃんと判断してもらいましょう。」

私、こんな風に言っていただいてとっても嬉しかったのですが、顔から火が出るぐらい恥ずかしかったです。別にすぐに履きたいという意味ではなくて、あくまでもこのままやっていれば履ける時期が来るのかという点を確認したかっただけなのです(mm*)
でも、まぁ、ここまで言われてしまった以上、私ももうどうにでもなれって思って、「もちろん先生にちゃんと判断していただいて、大丈夫という時期がきたらよろしくお願いします。ポワントってすごい大変だと思うし、やってみたらすごく痛いし、耐えられないとかなるかもしれないけど、とにかく履いてみないことには人生終われないので(笑)」と言ってました。

大先生は「履けるかどうかはまだ私が言えないのだけれど、そういう気持ちをmariaさんが持ってることを聞いて私はとっても嬉しかったわよ」と最後に言ってくれました。

目標を高く持つことは決して悪いことではないと思います。そして、自分の希望や気持ちを伝えるのも悪いことではないと思います。
ただ、それが日本の古い土壌では生意気だったり、奥ゆかしさがなかったり、自己アピールしすぎとあまりいい印象はないのが事実。


また、人によっては様々なスタンスがあるでしょう。
それはそれでいいんだと思います。ただ、私はというとほんと高すぎる目標だけど(^-^;

どうなるかはわからないけど、またこのことについてはここで報告したいと思います。
よければ皆さんのポワントへのスタンスを教えてくださいね。



|

« 時計は元には戻せない | トップページ | 92回のレッスン »

バレエつれづれ日記」カテゴリの記事

コメント


うにゃぁぁぁ!!8万で買ってもらったけど、激しすぎっ!!!!
何回も騎 乗 位で犯されて、ほとんど野獣みたいなセク一スだったよ!!
ザ一メソ出しすぎて最後にはカウパーも出なかったし・・・(苦笑)
http://2mtlbyc.vega.topemope.net/

投稿: もうキムタマからっぽw | 2010年9月30日 (木) 19:21

グリーで提供しているのは他社にはできない出 会 い。質の悪い出 会 いよりも質の良いものを提供しております。体験してもらえれば違いは一目瞭然

投稿: グリー | 2010年8月 7日 (土) 10:35

モバゲーで出会いをすれば楽しい事は間違いありません。暑いからこそ出会いを楽しむべきなのです。登録無料で簡単に利用可能!

投稿: モバゲー | 2010年8月 5日 (木) 10:38

他の人が言ってる名言や格言って良い事言ってるな~とか思ってる方、名言チェッカーで今日から自分に相応しい言葉を見つけませんか!!これでどんな人にも一目置かれる存在に為れますよ

投稿: 名言チェッカー | 2010年8月 3日 (火) 10:04

スタービーチの出合いは他の出合い系サイトのものよりも確実に良い思いができるのは間違いありません。新しい出合いを求めたいと思っているのなら当サイトを利用してください。損はさせませんよ

投稿: スタービーチ | 2010年7月31日 (土) 10:23

モバゲー専門の出会い掲示板が誕生!出会いを求めている方にはオススメのサイトです。幸せな時間を過ごしたい方、淋しい思いをしたくない方はぜひご覧ください

投稿: モバゲー | 2010年7月24日 (土) 04:01

chiyuさんへ

長い間、コメントへのお返事が出来なくてごめんなさい。

ポワントへの思いはそれぞれだと思うし、環境や状況もかなり関わってくると思います。
バレエが出来るだけでしあわせ!゚-゚*)(。。*)ウンウン
もちろんそれが一番だって私も思ってます。

chiyuさんが書いてくれたように「やっぱりずっと同じというのは刺激がなくなるし、どんどん上に向かってバージョンアップしていったほうが絶対いい」
これが私の中でむくむくと芽生えてきたんですよね。
たぶん、発表会にいっしょにでたふたりが前をいってしまったというのがあるんでしょうね。
同じようには無理というのは頭では(いや、体も)わかってるんですけどね。
ここをどうにかしないとなぁ~。
ポワントを履くことでバレエが出来なくなるなら、絶対ポワントは履けなくていいです。
やっぱりバレエが出来ることが何よりだと思うから。

投稿: maria to chiyuさん | 2007年12月20日 (木) 12:33

はじめまして。突然のコメント失礼いたします。

この度、
ユーザーさんのアフィリエイトIDが自動で稼動するブログランキング

「インフォ・ブログランキング」

というサイトをオープンしました。
なお、今だけ100人限定で特別ページを追加するキャンペーンも実施中です。

完全自動アフィリページのサンプル一覧↓↓↓
http://www.info-blogrank.com/rank.php?mode=individual

まずはブロガーさんやアフィリエイターさんに本当に役立つサービスかどうかを確認してみてください。

詳しくは、
http://www.info-blogrank.com/first.html

どうぞよろしくお願いいたします。m_ _m

http://www.info-blogrank.com/

投稿: インフォ・ブログランキング | 2007年11月28日 (水) 23:41

こんばんは。
私自身はトゥシューズは履こうとは思っていません。別に歳だからというわけではなく、バレエができるだけで満足だからです。
そもそもうちのスタジオはポアントクラスないし。でも、中級クラスの話は出ているんです。やっぱりずっと同じというのは刺激がなくなるし、どんどん上に向かってバージョンアップしていったほうが絶対いいと思います。
mariaさんは、発表会も出られたし、次の目標としてポアントで踊りたいというのは当然のことですよ。ぜひがんばってください。応援します。
それまでブログ辞めないでね~

投稿: Chiyu | 2007年11月26日 (月) 23:01

アスパラガスさんへ

アスパラガスさんのところでポワントクラスが始まるんですね。いいなぁ~。
希望してる人が集まればそういう方向に行くのかなって思います。
私の参加してるクラスだと今、いきなりポワントは無理かなって思います。(T.T)
大先生もいってましたが、週2回あるいは週1回でもかかさずレッスンに来ないと結構難しいともいってましたから。
私は週2回なんとか行けてますが、週1でも来れない人結構いるんですよ~。中級の人は履いてますが、初級のクラスでそれが出来るのかどうか。。。

それにしても、アスパラガスさんにとって、夢や憧れだけだったポワントがぐんと近くなったみたいですね。

それとアスパラガスさんのメイトさんたちのお話読ませていただいて、何だか少し自信というのか、言ってよかったという思いが強くなりました。
私の場合は、もともと言いたいことははっきり言う方なのですが、それでもこんなこというのってばかじゃない?おこがましくない?みたいに勝手に周りが思うと思っていた自分もちょこっといて口に出すまでは二週間ほど考えました。
それに誰に言うかとかタイミングとかも結構考えるとどんどん時間が経ってしまって。
絶対にいうぞ!とは思っていたものの、やっぱり勇気はいりました。

バレエが出来るだけで本当にしあわせだと思ってるし、それはアスパラガスさんもきっと同じだと思います。
でも、時間がかかってもそれに向けて努力していくって素敵なことだって思います。
それにそのことでより自分とバレエの関係も深まるはずだし。

今すぐはどうなるかはわからないのですが、先生が私の思いを理解し、その方向で見ていてくれるというだけで違いますよね。お互い、ほんとにがんばりましょうね。

投稿: maria to アスパラガスさん | 2007年11月19日 (月) 19:08

うちのお教室でも先日ポアントクラスを開始するというお話がありました。まずその前提条件としてとして、一定期間、最低週1レッスンをかかさずに行い、先生が状態を見てポアントに必要な身体作りができいる方からレッスンに参加できるということでした。

 このお話を聞いてから、今まで漠然とした憧れの対象だったポアントが、にわかに現実味を帯びた存在になったような気がして、遠い将来でもいいから、いつかポアントを履いてみたいという思いが私の中で日に日に大きくなっています。

 先生もこのポアントレッスン向けて、なにか疑問や意見等があったら遠慮なく言ってほしいとの温かい言葉をかけてくださいました。もちろんその時点で聞いてみたいことはたくさんあったのですが、それこそ靴下もはけないくらいの状態からバレエを始めてまだ1
年足らずの私、数年うちのお教室のレッスンを受けている方の中で質問をすることがやはり恥ずかしく、またおこがましいような気がして何も言えないでいました。

 すると同じように近年大人からバレエを始められた年配の方が、言ったのです。自分にとってポアントはずっと憧れだったので、絶対履けるようになりたい。ポアントに向けてこの先のレッスンを頑張るのでよろしくお願いしますと。その真摯な姿はとてもさわやかで嫌味なところなど微塵も無く、本当に純粋にバレエが好きなんだということが私にも周りの方にもすごく伝わってきました。そして改めてみんなでこの目標に向けて頑張ろうという気持ちになりました。

 なんだか変に勘ぐっていた自分がちょっと恥ずかしくなりました。全ての方が同じとは限りませんが、mariaさんの先生が「そういう気持ちをmariaさんが持ってることを聞いて私はとっても嬉しかったわよ」とおっしゃったように、目標を持ち、真剣にバレエに取り組む姿勢はきっと伝わるのではないかと思いますよ。とっても長い道のりになるかもしれませんが、この大きな目標に向かってお互い頑張りましょうね。

投稿: アスパラガス | 2007年11月19日 (月) 17:01

みきてぃさんへ

ありがとう。みきてぃさん。
なんか口に出してよかったなぁと思えるようになりました。
実際、私の教室の私がいってるクラスではみんなそういうことを口にしない人たちばかりなので。
でも、やっぱり履いてみたいって気持ちはかなりの人が持ってるのかなっておもいます。
今度機会があれば聞いてみたいなって思います。

今日はレッスンだったんですけど、先生とお話する時間がなかったのでまだわからないです。
それに来週は用事があるのでお休みしちゃうし。
ただ、気持ちは伝えてあるから先生が本当に考えてまた伝えてくれると思います。
今すぐが駄目でもいいんです。
私のクラスで私だけが履きたいってなってもレッスンが進みませんからね。ある程度の人数が集まってからになるだろうし、ある程度、履ける人が出来てからになるんだと思います。
でも、頑張りますね。普段のレッスンのひとつひとつを。


つなさらださんへ

確かにポワントは履いたことがないから不安もあるし、怖いです。出来なかったら「やっぱり。。。」ってなるのもいやだし。
でも、そういう気持ちであることを伝えておくのはよかったんだと思ってます。
今まではなんとなーくいつかはみたいな感じだったけど、履くことを前提にレッスンしていけますからね。

そうそう、やる気なんですよね。そのやる気は先生には伝えないと駄目だなってつくづく思いましたよ。
現実にはいつになるかはまだわからないけど、言えたことでかなりすっきりしました。

投稿: maria to みきてぃさん・つなさらださん | 2007年11月17日 (土) 23:04

私は怪我続きでポアントは危険だって、接骨院の先生に脅されているけど、普通に元気な方だったら、大人でも充分訓練すれば大丈夫だそうだから、履きたいって気持ちを先生に伝えておけてよかったんですよ。
やる気をちゃんと伝えておけば、今後のレッスンもそれを前提に面倒みてくれるでしょうし。

投稿: つなさらだ | 2007年11月16日 (金) 13:34

こんにちは♪
私たちは、ポアントはきたい!!て先生にお願いしたんです。
そしたら先生もちょっと考えて下さって、隔週でポアントの練習はじめました。(ポアントレッスンに出る人は先生が判断されています)
口火を切ったのは、以前他の県外の教室で履いていた方が、「履きたいので考えて下さい」ってはっきりお願いされたの。
気持ちははっきり伝えた方がいいなぁって思いました。だからmariaさん、立派だと思います♪
ポアントは履いてみるととても大変だけど、それ故、いかにシューズでの練習がきちんとしていなきゃいけないのかって実感できます。

はやくポアントレッスンが始まるといいですね。応援しています★

投稿: みきてぃ | 2007年11月16日 (金) 09:03

katsuraさんへ

ごめんなさい。なかなか更新できなくて。
それに遊びにも行けなくて。

katsuraさんも口に出すタイプなんだ?
よかった(^o^;)ほっ!
ポワント履きたいって口にするのがおこがましいような雰囲気が大人から始めた人たちの中にはあるのよね。
でも、履きたい!っていう希望をいって、目標にするのは別に悪いことじゃないと思うの。
そうか、katsuraさんは10ヶ月お休みしてるのね。
でも、でも、いつかは履きたいと口にしてれば叶う気がするんだ。
blog仲間はみんなポワントを目標にしてる人が多いから何だかとっても勇気が湧いてくる~。

yukipiさんへ

コメントありがとう。
(*'-')o(*,",)oウン♪ やっぱりバレエの醍醐味でしょ?(笑)
ポワントは逃げないけど、年齢はとっていくよね~(笑)
それが一番ネックかも。
私は今すぐにとは思ってないんだけど、きっと履けるようになるよっていう目標が欲しくて。
もしかしたらこのまま履けることなく終わるの?とちょっと思ったものだから。

5年以上やってる大人の人で、かなり上手な人なのに
履いてないのは、本人の意思なのか、はたまた先生が許してないのか。そこがいまいちわからなくて聞いてしまいました。

どうなるんでしょうね?
何だかどうなるにしても波紋を呼びそうな質問だったかも(笑)まぁ、いいか。

投稿: maria to katsuraさん・yukipiさん | 2007年11月15日 (木) 22:26

バレエを習っていて、ポアントを履きたいって思うのは
当たり前だよね。履きたいがために習う人もいるくらいだもん。
でも大人は子供と違って、身体的にいろいろ大変だったりするから
本当に危険を伴うし、大怪我しちゃう場合もあるから
ちゃんとポアントを履ける身体作りも大切だと思うわ。
もちろん、先生のお許しが一番大事だけど。
うちのメイトさんでも大人からはじめて3年くらいで
ポアント履いて頑張ってる人たくさんいるよ。
その反面、5年経っても自分自身で拒んでる人もいる。
やっぱり怖いんだって。
人それぞれだけど、mariaさんは頑張りやだから
きっと先生からお許しがでるんじゃない?^^
でも、くれぐれも無理しないようにね。
ポアントも逃げないから~(笑)

あっ。私もやりたいことはやりたいって言っちゃうかも。
でも他人から見て、あまりにもおかしな事は言わないけどね^^;

投稿: yukipi | 2007年11月14日 (水) 23:55

あ、更新されてる~。元気そうでよかったわ♪

ポアント、私もぜっっったいいつか履きたい!ポアントでくるん♪が目標だもの。
もう10ヶ月もお休みしてるし、いつまで今の教室に通えるかわからないし、引っ越し後はいつ再開できるか・いい教室がみつかるかわからない。でもいつかは!って思ってます。
うちの先生も「早い人なら2~3年で履けるようになるわよ」とおっしゃってましたよ。

ちなみに、ワタクシはそういうの口に出しちゃうタイプです。「日本の社会で生きていくのは大変かもねー」と言われたこともあり…。

投稿: katsura | 2007年11月14日 (水) 20:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137253/8913073

この記事へのトラックバック一覧です: ポワントへのそれぞれのスタンス:

« 時計は元には戻せない | トップページ | 92回のレッスン »