« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の3件の記事

時計は元には戻せない

Cubanationalballet2002lynseyaddario

バレエに復帰できただけで十分しあわせな私。
なのに・・・先週、今週とレッスンから帰ってくるとちょっと元気がなかったりします。
一緒に発表会に出た20そこそこの彼女Aちゃんが先週から上のクラスにあがったのです。そのことはAちゃんからの丁寧なメールで知っていてもちろん「よかったね♪がんばってね」と返事をしました。Aちゃんは小学生の頃、モダンバレエをやったことがあって、初級クラスの中でもずば抜けて上手で、いつも何をやるにも先生にいわれて先頭でやってました。
飲み込みが早いし、やはり天性の踊りに対する勘も違うのは明らかで、当然クラスがあがるのは時間の問題だったのです。でも、本音をいえばちょっと寂しかったのも事実。それに、自分はどんなに努力してもものすごく上達するとか、出来るようになるとかはないわけでやっぱり羨ましく思えました。

で、今週は発表会に一緒に出たもうひとりの20代半ばになろうかという彼女Rちゃんと『私たちも頑張ろうね』なんてレッスン前に話してたのです。

ところが、レッスンが終わって一緒に帰る道の途中でRちゃんから聞かされたのが、来週から彼女も上のクラスにあがるということ。Rちゃんはやはり若いから覚えがよくて、ちょっと難しいバーレッスンも完璧にこなせるし(私は難しかったり早かったりすると間違えちゃうのです)、センターもひとつひとつの精度はAちゃんほどではないにしてもぐんぐん上達してるのが目にみえてわかってました。

聞かされた時はAちゃんに言ったように、本当におめでとうと思ったし、AちゃんとRちゃんはいつも一緒にきて一緒に帰る仲良しなので本当によかったなと思いました。
Rちゃんは上のクラスにあがることは少し悩んでるようでしたが、「大丈夫!すぐに慣れるよ」と背中を押しました。

もちろん彼女たちが上にあがることは大賛成だし、よかったなと思います。
でも、自分ひとりになった時にふと置いてきぼりをくったような寂しい気持ちに包まれたのは何故?ほぼ同じ時期に入って、同じ舞台にたってきたふたりがいっぺんに上にいってしまうということは自分自身がどんなに頑張っても、これから近い将来担うべき限界を思い知らされた第一歩ということなのです。
年齢が倍も違う私たちが同じ道を歩むことは出来ないし、まして同じ速さで進んでいくことも出来ないのもわかってたけれど、いざ、その時を目の前につきつけられると寂しいです。私だってもっともっと早くバレエを始めていたらって思うけれど、それを言っても仕方がないこと。

時計はもう元には戻せないのですから

今の自分を受け入れてるつもりだったけれど、そうじゃなかったみたい。これから先、それはますます感じることでしょう。その度にそれを乗り越える強さを持たないと孤独や疎外感を感じてしまいそうです。
おばさんから始めたバレエなのだからそこそこバレエが楽しめて、バレエが出来ればいいっていう気持ちなんじゃなかったの?と言う人もいるかもしれないけど、まさかこんな風にショックを受けるとは自分でもここまでは予測してなかったし、改めて今の自分をちゃんとわかってなかったことが本当に恥ずかしい。。。

皆さんはどんな風にそういったことを考え、乗り越えてるのでしょう?

| | コメント (13) | トラックバック (0)

ソテソテソテソテでバテバテ

バレエに復帰してから早くも3週間が過ぎようとしています。
しかし、土曜日のレッスンでは、ソテソテソテソテを左右のセンターをやったらものすごく疲れちゃいました。悲鳴に近かったかも(笑) なんでこんな簡単なことが苦しいんだろう?って思うんだけど、連続ものはやっぱり体への負担がまだ大きいみたいです。

バーレッスンや、センターでも単独のパは問題ないものの、フロアをいっぱいに使ってのセンターの動きにはやっとついていってる感じかな。。。体は本当に正直。

大好きな買い物もずーっと行っていなかったので治ってから何度か行ってるけど、駄目!
前は隅から隅までチェックしなければ気が済まなかったのにもういいや~って挫折してるしね。_ノフ○ グタリ 体力が落ちると気力も落ちるってほんとです。この逆ももちろんあるんだろうけど。

そういえば、気力充実のためにコールドストーンクリーマリー食べました。今まで並ぶのが面倒で素通りしてたけどリハビリかねて並んできました(笑)歌をうたってくれながら好きなアイスや果物を混ぜ混ぜしてくれるんだけど、予想以上においしかった~。
それにしてもあの歌はどう考えてもディズニーのぱくりみたいな気がするんだけどドウ?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ご心配おかけしましたm(。-_-。)m

56507079

このブログにきてくださった皆さんにはたくさんの励ましと温かい言葉をいただき、本当にありがとうございました。

体の方は順調に回復し、先月の22日からバレエに復帰しました。とはいってもあまり激しい動きを急には出来ないので、様子を見ながら少しずつですが。

驚いたことに柔軟性はあまり変化していなくて、一度柔らかくなった体はある一定のところでそれをキープしてくれるようです。硬かった体を毎日柔軟して柔らかくした努力はとりあえずキープできたのでホッとしました。

ただ、瞬発力や持久力を必要とするものはもろダメージをうけてしまい、体が重いの重くないのって (^-^;  それに長い時間やってると足ががくがくぷるぷるしてきちゃうし、息切れもするので、無理だなと思ったら見学してます。

私の復帰の日、先生が「みんなに無理をしないようにっていうと全く無理しなくなっちゃうから~。多少の無理はしてちょうだいね(笑)。でも、絶対に無理しすぎは駄目よ!」とおっしゃいました。
先生がレッスンの前に私を呼んで「無理せず少しずつやりましょう。遠慮なく、休みをとりながらね」と言ってくださったのですが、これを横で聞いていた周りの生徒さんたちへの言葉が上の言葉です。みんなで笑ってしまいましたけど (´▽`*)アハハ

バレエが出来るって本当に楽しい。しあわせです。
だからこそ、ながーくながーく続けていけるように皆さんも決して無理しすぎませんように。。。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »