« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の11件の記事

バレエとバレー。。。あぁ勘違い

Sakurasyouwa1 

今年の桜と菜の花 at 昭和記念公園

発表会以来「いっ、いたい(>_<)」と思った膝がどうも調子が悪い。
ちょうどスタジオが2週間休暇になるので、この機会に病院で診てもらうことにした。

以下、私とお医者さんとの会話

Dr. 「膝が痛いということですがどうされました?転んだとか?ぶつけたとか?何か心あたりはありますか?」
私 「えっと、特に転んだとかぶつけたとかはありませんが。。。膝を外に開いて腰を落としていくと痛いんです。」
Dr.「ははぁ。。。。」 
なんだか意味がわかっていないみたいなので、バレエやってるなんておこがましくて言えないとは思ったけど、発表会の練習で痛めた可能性もあるので正直に伝えることに。

私「あの、バレエをやってるんですけど、15日に発表会があってそれまでかなりの練習をしていたからそれが原因かなと思うのですが。。。」
Dr.「あぁ、バレーね。バレーをやりすぎて、膝とか打ったかな?」

バレエではなくバレーと間違えてる!!
バレーなら発表会ではなく、試合だろうがぁ!

私「あのぉ、バレーボールではなくて、踊るバレエの方です」
Dr.「あっ、バレエね。」
急いで打っていた電子カルテのバレーの文字をバレエに修正してる。

Dr.「それじゃ、さっき言っていた痛みが起きる時っていうのはバレエのジャンプとか回転とかしてる時に起きるってことかな?」
一応、バレエにジャンプや回転があるのは知ってるらしい。。。

私「プリエっていうのがありまして、バーレッスンの時にやるグランプリエが特に痛くて今は出来ない状態なんです」
Dr.「ははぁ。プリエね、プリエが出来ないと。。。」と言いながら、カルテに入力。
しかし、そのすぐ後で「プリエってどういうもの?やってみせてくれる?」

ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ 
痛くて出来ないっていってるのにそれをやらせる?

とは思ったけど、いまいち納得がいかないらしいので、椅子から立ってやってみせた。もちろんグランプリエやったら今の状態では痛さで倒れるから、軽くプリエをして「これのもっと深いやつ」といって納得してもらいました。

結局、レントゲンと診断の結果「骨には異常はなし。しかし、使いすぎによる膝の筋肉の炎症。つまり、足の腱鞘炎」でした。
痛み止めと湿布をもらってきて、当分は膝を安静にといわれた。ストレッチはどうなんだろう?と思って聞いてみると、膝を使うストレッチは当然ダメ!ということに。

ちょうどレッスンがお休みなので本当によかった♪この時期にしっかり治して、レッスン開始にはまたグランプリエがちゃんと出来るようになっていたいな。

それにしても、受付でも薬局でも「バレーボールで痛めたんですね」と当然のように言われた。私の年齢からママさんバレーをしてると勘違いするのも無理ないかな。でも、ママさんバレーには背も足りないし、華奢だと(自分でいってすみません)思うんだけどな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ましゃましゃは思ったの♪(BlogPet)

朝、バレエとかをBLOGしなかった
昨日はリハーサル
当然、生まれてはじめてのバレエとかをBLOGしなかった
当然、生まれてはじめてのバレエのバレエのリハーサルです
と、ましゃましゃは思ったの♪


*このエントリは、ブログペットの「ましゃましゃ」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新しいシューズで新たなスタート

070427_000001

発表会の練習で相当バレエシューズを傷めたので、新しいバレエシューズを新調しました。
前にここで皆さんからシューズ情報をいただいたのを参考にして、ストレッチ系はかなりいいなぁ~とネットで探していて見つけたのが
ウェアモアのスプリットストレッチシューズ。ネットではあまり買いたくはなかったんだけど、近くに扱ってるお店がなく、たまたま私が見つけたネットショップのアラベスクさんでは希望の2サイズ送ってくれて試し履きして1つを返品できるというシステムだったので(しかも返品も普通郵便でもメール便でも可だったので安い!)購入。

今までのシューズは引きゴムでかなり締めないとサイドがぶかぶか(サイドは幅が狭い私)だったのに、これはかなりいい具合にぴたりくる。それと、足裏のストレッチの部分が伸びるので足にフィットしていい。
ただ、これを履いてこの間センターをしていたら、あまりの床加減?っていうのかな。床を感じてる~っていうのが強くて、思わず
「穴開いた?。。。。ま・まさかねぇ」と足裏を見ちゃいました(^-^;
シューズに穴は開いてなかったけど、それぐらい床を感じるっていうのかな。逆にいうと、バーレッスンの時はとってもいいと思う。ただ、センターではちょこっと痛いかな?ジュテやソテなどでつま先から降りてなかったりすると衝撃がちょっときます。でも、これは私の技量のなさなので仕方ないかな。

今まで一本ゴムだったのが、クロスゴムタイプになってフィット感が増した気がする。色もロイヤルピンクからヨーロピアンピンク(ベージュに近い色)になって気に入ったし。これで頑張ろうっと(*p´∀`q)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今日の発表の後(BlogPet)

昨日、まりあが
今日の発表の後、先生に突然『mariaさんに発表会の踊りをやってもらいましょう。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ましゃましゃ」が書きました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

発表会無事終了しました!

070416_154101_0002 070416_155503_0001

4月15日(日)発表会無事終了しました。
早く報告をアップしたかったけれど、さすがに体がぐったり、頭もぼーっとしてた数日間。やっと日常復帰が出来ました(笑)

当日は朝9時50分に発表会が行われる文化会館ロビーにて集合。前の日は想像していたよりも緊張せずぐっすり眠れ、朝もすっきり。「いよいよだー」と出発。
私が着いた時にはすでに先に到着した生徒たちが着替えをしたり、髪を結ったり、ストレッチをしたりしていたので、私も「おはようございます。よろしくお願いします」と声をかけ、レオタードとストレッチパンツに着替えました。
何しろはじめてなので、何をやったらいいのか、どうすればいいのか手順がわからずオロオロ(ーー;) 進行表が貼ってあったのでそれを確認しながら動いてました。

午前中は舞台で位置確認。1時から20分間軽い昼食をとり、リハーサル。この間に化粧をしたり、ボディにファンデーションを塗ったりして準備をしてるうちにすでに5時。1日がものすごく早かったです。
先生が楽屋に来て『みんな、今日までたくさん練習してきたのだから自信を持って。何があっても笑顔は忘れないで。』と最後のお話がありました。
それからひとりひとりに3人の先生が声をかけてくれました。長女のクラッシック担当K先生が『mariaさん、よく頑張ってきたね。何度も何度も出来ないところをいつもひとり練習していたこと、わかってるから。』といってくれた時、思わず涙がぽろぽろ。。・゚・(*ノД`*)・゚・。
K先生もうるうるした瞳で私にそう言い、手を握ってくれました。
きゃー、化粧が落ちちゃう。でも、止めようとしても涙が溢れてきてしまう。何年ぶりだろう?こんな風に本当に自然にあとからあとから涙が溢れてくるって。本番30分前だったので何とか化粧を直せたけど、周りがかなり焦ってました(笑)

5時半開演。
お客さんが入っているとやっぱりリハーサルとは雰囲気が全く違います。どうしよう?ちゃんと間違えないで踊れるのかな?そればかりが頭の中をぐるぐるまわってました。舞台袖で踊りを何度確認しても、舞台にたった途端全てを忘れて頭が真っ白になってしまうのではないかと思いました。
出番はプログラムの5番目。4番目のプログラムが始まった頃には舞台袖での緊張はいよいよピークに。みんなで手を何度も何度も握りあって『大丈夫大丈夫。』『悔いがないようにやろうね』と互いに声をかけあってました。こんなに緊張したことはない!っていうぐらい緊張しました。出番までが長いこと長いこと。早くとにかく自分たちの番がきて踊りたい!とにかく待ってる間が一番いやーな時間。

そうして、いよいよ私たちの順番がきて名前がコールされ、スタンバイ。「レ・シルフィードのワルツ」が流れてきた瞬間、もう前に進むしかない、踊るしかないんだと思いました。とにかく、何があっても踊り終えなくてはという気持ちでした。

どんな風に踊ったかを覚えてないくせに、踊ってる最中に自分を客観的に見てる時があって「あぁ、ここは先生にいつも注意されていたところだ」とか、「もう少しでターンに入る」とか「これで本当に最後だ」などと思っている自分がいて不思議でした。その一方で曲も耳に入ってるし、振りも体がちゃんと覚えていてくれて動いてくれてる。あんなに間違えたり、覚えられなかった振りがこの3ヶ月間で自分のものになったのがとっても嬉しかったです。

全てがうまく出来たわけではないけど、自分が今できることは全部やりました。終わった後はみんなで抱き合い喜びあいました。本当は泣きそうだったけど、第2部の全員で出演するモダンへの着替えや準備、私は子ども達への着替えなど裏方の仕事もあったので涙は最後の最後におあずけ。

実は私はモダンへは出演する予定はなかったのです。ふたつをこなせるほどの自信がなかったから演目は1つにしました。でも、私以外は全員が出演するモダンにも先生のご厚意で振りをつけてもらい出演することが決まりました。それが決まったのが発表会前日。うそ~覚えられないと泣きそうでしたが、出演仲間の協力もあってなんとかついていけるぐらいには覚えられました。たぶん1テンポ遅れてたところあったと思うけど、私が出ていくところはものすごくハッピーなエンディングシーンなので笑顔笑顔で乗り切りました(笑)先生が『最後はみんなで舞台の上で笑いましょう♪』と私を出演させてくれたことに感謝してます。ひとり、舞台袖では寂しかっただろうなぁ。。。

全てが終わり、幕が下りた時には大人も子どももみんなで抱き合って喜びました。舞台って緊張するし、本当に大変だけど、終わったあとのあの充実感は言葉に言い表せません。こんなに素敵でこんなに気持ちよくて、こんなに熱くなれるなんて最高です。
様々な思いがあとからあとから出てきて、頑張った自分がとても愛しく(笑)思えました。
休みたいと思った日も何度かありました。体調がすぐれず踊りもヘロヘロだった日もあるし、足がむくんで膝を曲げると痛い日もありました。お腹が痛かったり、胃が痛かった日もありました。もうダメだ。。。ついていけないと投げ出したい日も本当にありました。頑張ったからって何か賞品が出るわけでもないし、『どうしてそこまで頑張れるの?』『どうして発表会に出るの?』と問われたこともありました。でも、やってよかったって心から思ってます。自分が自分のためにやったこと、やれたことは自分が一番よく知ってるし、自分が一番よくわかってるから。

私のはじめての発表会はこうして終わりました。
でも、バレエを始めてまだ1年足らず。。。これからが本当のスタートだと思います。大人で、しかも、年齢も重ねてる私がこれから出来ることは多くはないことも、またどんなに頑張ってもバレリーナになれるわけでもありません。それでも、バレエへの情熱がある限り、踊っていたい。そのためのスタートだって思ってます。

このブログにで三ヶ月間、私を見守り励まし支えてくださった仲間の皆さんにもお礼をいいたいと思います。本当にありがとうございました。

P.S,:衣装の写真を撮ろうと思っていたのですが、はじめてのことで舞い上がってしまい、そこまで本当に気が回りませんでした(ノω・、) ウゥ・・・なので、アップできないのが残念です。写真とDVDはプロの方が撮ってくれましたので、なんらかの形でちょこっとでもアップできたらと考えてます。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

いよいよ明日は発表会

今は4月14日土曜日午前2時近く。。。ということは明日は発表会!

練習を始めてから早3ヶ月が経ってしまったんですね。最初の頃は全く何をやってるんだかちっともなってなかった踊りですが、先生の温かく根気強いご指導のおかげでやっとなんとか見られる?見せられる?ものにちょっとはなったかな。

昨日は夜8時から11時まで練習でした。さっさと寝ようと思いつつ、もう発表会前の夜(つまり今日の夜)は書けそうにないので、今の気持ちをちょこっとだけ書いておきます。

足裏が痛くなるほど何時間も何回も踊り、やっと体で覚えた振りつけ。年齢がやはり高くなるほど覚えが悪くなるって実感しました。
それでも繰り返すことでなんとか覚えられるようになるものです。

諦めないということ、信じて続けるということ、楽しむということ。私にとってこの3つがとっても大切なことでした。かなり(笑)負けず嫌いの私でもこの3ヶ月ひたすら練習に通うのは正直いって大変でした。凍えそうなほど寒い日も、雨の日も、晴れの日もあったし、疲れてる日もちょっと体調が悪い日もあったし、いろいろな予定をやりくりしなければならない日もありました。それでも、とにかく一度も休むことなく練習には通いました。これだけでも自分を褒めてあげたい!

こんな風に頑張れたのは自分を応援し、支えてくれた人たちがいてくれたからこそです。たくさんの人に感謝したいです。本当にありがとう。ブログ仲間たちの励まし、アドバイスにも心から感謝してます。

明日は私の初舞台。スポットライトを浴びて、ロマンチックチュチュを着て、
笑顔で最後まで踊ってきます。明日1日が素敵な日になりますように。。。ヽ(*´(ェ)`)ノ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ここまでblog♪(BlogPet)

ましゃましゃはblogしたかった。
きょう、blogした?
ここまでblog♪
ここにblogした?
きょう、blogしないです。
まりあとシューズとかblogされた。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ましゃましゃ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめてのリハーサル

昨日はリハーサル
当然、生まれてはじめてのバレエのリハーサルです。

朝から夜まで1日ほぼかかって、帰ったらもうくたくたになっちゃいました。自分の出番もさることながら、今回は私は1作品なので出番の後の第2部・モダンの衣装替えのお手伝いという裏方もすることになっていて、打ち合わせも含めてずーっと休む間もなく動いてました。頭の中にプログラムを入れて、子どもたちの名前と顔を覚えて、作品ごとの衣装を覚えて着替えさせなくてはならない。
裏方ってとっても大変ですね。今回、自分が初舞台ということもあり自分のことだけでいっぱいいっぱいなのに・・・って最初は正直いって「うわっ、面倒だなぁ~」と思ってました。(^-^;

でも、子どもたちの中に着替えを手伝って舞台に出す時に『ありがとうございます』って言ってくれた子がいて、子どもだって私と同じように緊張もしてるんだろうけど、そんな中でも感謝の気持ちを表してもらえるっていうのがなんだかとっても嬉しかった♪
一回目のリハーサルが終わって、お昼休憩の時に数人の子どもたちが自分のために持ってきたお菓子をくれたの。トッポとかじゃがりことかチョコボールとかポイフルとかのあのちょっとしか入ってないお菓子を1個か2個、手の上に乗せてくれた時、この子たちのために出来ることは頑張ろうって気に本当になりました。
お菓子につられたのか・・・σ(・・*)

自分のリハーサルは新しいサテンのバレエシューズがいまひとつしっくりこなくて、ちょっとこけかけたところがありました (´;ェ;`)ウゥ シューズのせいにしておこう。
あとは小さなミスはボロボロあったけど、練習のときと違って頭の中で「次はこれを注意して、次はあそこを注意して」なんて考えてる間もなく、気がつけば終わってたという感じ。たぶん本番では自分が何を踊ったのかさえ忘れてしまいそうです(ーー;)

髪も昨日はメイク担当の人がきっちりやってくれて、がちがちのお団子頭。当日はかなり厚いメイクをするらしいのでどんな風になるのか楽しみです。そんなメイクをする機会なんていうのもないし。

あとは明日の通常レッスン、金曜の練習、土曜の練習と通常レッスン、そして日曜日の本番ともうカウントダウン状態。当日持っていくものも揃えなければならないし、買いにいかなくちゃならない。ふわぁ~これは本当にアッという間です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

まりあのレッスンは発表しなかったー(BlogPet)

きょうましゃましゃは、まりあがここでまりあの先生とか発表しないです。
きょうましゃましゃは、発表するはずだったみたい。
まりあのレッスンは発表しなかったー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ましゃましゃ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞台や試合前の緊張は誰にでもある?

今日のレッスンの後、先生に突然『mariaさんに発表会の踊りをやってもらいましょう。』といわれました。「えっ、うそ~」と若い子みたいに叫んでしまいました。けれど、みんなが拍手して、『見たい!見たい!』と言うのでひとりで頑張って踊りました。

音楽がかかった瞬間(前奏が2小節あります)にもう胸がドキドキ。踊りはじめた瞬間から最後までずーっと緊張しっぱなし。知ってる顔だとかえって緊張するみたい。それに舞台と違って客席が暗くないからみんなの表情がはっきり見える見える。

ターン3回のあとのアラベスクで、先生とみんなが拍手してくれました。この静止はフィギュアスケートでミキティが4回転ジャンプが決まる確率と同じぐらいな感じなんだろうな~。うーん、真央ちゃんのトリプルアクセルぐらいかな(笑)出来てしまえば何でもないけれど、数回に1回ぐらいぐらつくことがあるので発表会本番ではぴたりと決まることが出来ますように。こういった決めどころがいくつもあるのがバレエなので、それらは練習で身につけていくしかないのだと実感しました。

とりあえず、緊張でドキドキだったけど、最後まで間違えずに踊れたのが嬉しかった。日曜日のリハーサルに向けてもう練習する時間はないので今日はいいチャンスを先生にいただいたなって思います。

更衣室でメイトさんたちから『すっごいよかったよ~』『当日見に行くからね』『楽しみにしてるね』『バレエしてて綺麗だった』とお世辞も含めていってもらったんだろうけど、何故か素直に「ありがとうございます。是非是非見に来てくださいね。」って言えました。

緊張は確かにすごいするはず。今だって考えるとちょっと不安になったりする。でも、今日のことでたくさんの励ましをもらったし、自信ももらえたみたい。誰でも必ず最初があるはずだし、舞台の前は緊張もするはず。みんな一緒。どんな一流選手だって一流ダンサーだって一緒なはず。ミキティも真央ちゃんも笑顔で踊っているけれどやっぱり試合前の緊張やプレッシャーに押しつぶされそうにだってなるんだと思う。あの一流選手でさえそうなら私なんて全然いや、ちょっとだけ楽なものです。と自分に言い聞かせて当日までいくんでしょうね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

発表会まであと14日

今日も発表会のレッスンに行ってきました。通常のレッスンは5週目でお休みだったので発表会の練習のみ。

教室の壁に子どもが作った「発表会まであと○○日」の日めくりが今日見たら14日になっていて、はぁ~もうそんななんだと驚きつつ、結構、のんびりしちゃってる自分に笑えます。そうはいっても今更急激に飛躍的にうまくなれるとは思えないので、とにかく先生に言われたことだけは守らなくちゃという気持ちでやってます。

しかし、この先生に言われたことっていうのがたくさんあって、ひとつクリアすると他のところがまたダメになり、そこを注意するとまた新たに他のところが問題点になったりして、これは堂々巡りだ~って感じです。
私と踊る20代のふたりはさすがに覚えが早い!!
やっぱり
年齢的なハンデって記憶力とかにかなり表れるのね(笑)

先生からの注意点をまとめてみると。。。
・一番最初のステップでの目線の変化に気をつける
・ソテから次のジャンプに行くときの腕が後ろに流れるので身体の横にキープ
・とまってポーズするときの膝と足は外向きで、つま先は当然伸ばす
・常に5番の形でのつま先移動
・腕は伸ばすけれど肩はあげないで柔らかく
・アラベスクではつま先を伸ばし、首をつまらせず、腕が前にいかない
・ルルベでの停止でふらふらしない

・ターンでは必ずプリエを十分にして、顔を残す
・腕は空気を押すように軽やかに柔らかく
・背筋を伸ばすけれど身体は反らないようにする

もっといっぱいあるけど、おおまかにこんなところ。
これらはどの踊りの部分にもかなり共通していて、つい忘れると先生に注意される頻度高し。
『妖精なんだからもっと軽やかに美しく』と言われるけど、踊ってる最中はそれどころじゃなくて振りつけどうりに踊ることに夢中になっている私。あと2週間だというのに笑顔も一番最初に出ていくところだけ意識していて、あとはたぶん難しい顔してるんだろうなと思われる。

踊りは2分15秒足らず。
たぶん、何年もバレエやってる人なら「簡単じゃない?」って言える振付だと思うけど、今の私にはそれすらも精一杯。
でも、やらなくちゃ。とにかくここまできたらやらなくちゃね。

練習が始まった頃はまだ寒くて寒くて夜道が辛かったけど、今日なんて温かくて、いつの間にかダウンから薄い綿ジャケットになってる自分にしみじみ
「あ~3ヶ月が過ぎたのね」と何か感慨深かったです。

そうそう。ひとつ嬉しい報告!
やっとというか、ついにというか
開脚での胸ぺたりができるようになったのです。
いや、楽には出来ませんけどね・・・とりあえず胸に床の感触が感じられたその瞬間は舞い上がりました。ワ――゚.+:。ヾ(o・ω・)ノ゚.+:。――イ
今日、ストレッチを見ていた先生にも『そこまでよく頑張ったわね。まじめにコツコツ努力してきた証ね』と言われました。私の恐ろしいほどの硬さを知ってる先生は11ヶ月前の写真を撮っておくんだったわと冗談でいってましたが(笑)

簡単に出来る人もいるでしょう。そして、もともと柔らかかった人もいるでしょう。でも、私は45度ぐらいしか開脚自体開かなかった人なので、人一倍これだけは努力してきました。ほぼ毎日必ず短くてもストレッチを寝る前にするっていうこと。絶対に身体の硬さは天性のものだから無理って思ってたけど、出来ないなりに努力すれば結果は生まれるんだなぁと感動してます。(これって普段の生活にも言えるよね)
まさかこんな自分の身体を見るとは夢にも思わなかったから。

これからの課題は胸ぺたりを楽に持続し、足を後ろに持っていけるようになること。今は全く足が後ろにいかないの~。胸ぺたりが1年かかったので、これも1年がかりで頑張ろうっと!!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »